読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tortillaの日記

文章を書くのは日々のできごとの整理。

今週のお題「カラオケの十八番」

私はカラオケというより歌うことが好きなので、しょっちゅう歌っている。歌手になろうとか合唱団に入ろうとか考えたこともないので、下手の横好きだ。小さい頃から好きなように好きなだけ歌っていた気がする。お風呂とか登下校とか。

カラオケに行くようになったのは中学生の頃だけれど、カラオケで誰かと歌って踊って騒ぐというよりは、自分の好きな歌を好きなだけ歌いたいほうだったので、少人数でひたすら歌うカラオケが好きだった。

中学生の頃は仲のいい友達とセガカラの採点機能で遊んだものだ。その時の十八番はユーミンの「春よ、来い」とポルノグラフィティの「サウダージ」だ。この2曲は必ず900点代後半が取れた。

【色情塗鴉】悲歡歲月Saudade ReLIFE#7 ED【PG中字】 - YouTubeサウダージ

春よ、来い~ 松任谷由実-荒井由実 - YouTube


その頃はポルノが大好きで、彼らの曲は全部歌えた。その中でも「サウダージ」は私にとっては一番歌いやすかった。
「春よ、来い」は朝ドラがやっていた頃から好きな曲だったけれど、探し方もよくわからぬまま、中学の国語の教科書に歌詞が出てきたのを機に歌うようになった。ユーミンの歌は音程がちょうどよく、歌いやすい。

台湾のカラオケにも日本の歌がいくつか入っているが、上の2曲は入っていないことが多い。*1日本人の友達と行く場合はモー娘。とか津軽海峡冬景色とかみんなで歌って盛り上がる。台湾人のカラオケは歌って場を盛り上げるというよりは、自分が好きな歌を歌ってその歌が好きな人が一緒に盛り上がるという感じなので、場の雰囲気を気にすることなく、好き勝手に歌える。とはいえ、多少はみんなが知ってそうな歌を選ぶけれど…。誰も気にせず、本当に歌いたい曲を選ぶときは「蘇州夜曲」を選ぶ。十八番と呼べるほどではないが、今のところ台湾のカラオケでいちばん気持ちよく歌える曲だ。

石川さゆり - 蘇州夜曲 - YouTube
こんなふうにきれいに歌えるようになりたいなぁ…。

今週のお題「カラオケの十八番」

*1:DAMなどの日本の機器を専門に取り扱っているカラオケ店もある