読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tortillaの日記

文章を書くのは日々のできごとの整理。

死にそうになった夢(人口抑制篇)

人口抑制のために人が殺されることになり、その殺される人に選ばれた話。

時は高校時代。部活に明け暮れ、青春を謳歌していた。そんなところへ1通の手紙が送られてきた。「あなたは潜水艦で海底へ送られることになりました。期日は…(以下覚えていない…)」
その手紙を読み終えたが、納得いかない。「私は公立の進学校に在籍し、行政から将来を期待されている人間ではないのか?どうして私が選ばれたのか?」その疑問を近くにいた母にぶつけると、母は冷静に、「結局のところ、必要とされていないのよ。逃げないで、国の指示に従ったほうがいいわね。」という答えが返ってきた。
「母は自分の子どもの死が悔しくないのか、悲しくないのか?」疑問と絶望の中でその期日が迫ってくる。高校のクラスメイト何人かも潜水艦に乗ることになり、同じ運命を負ったもの5人で逃げようと画策するが、どうすればいいかもわからない。結局何者かに捕らえられ、抵抗することもなく潜水艦に乗った。
潜水艦は遠隔制御されており、自分たちではどうすることもできない。どこかの海底へ近づくと、「間もなくすると自動的にエンジンなどのすべての装置が停止する。その後、酸素濃度が徐々に低下し、数分苦しむことになるだろう。」といった説明がなされた。説明のとおり、すべての機器がストップし、しばらくすると息苦しくなってきた。友人たちと最後に家族に言いたいことは何かと話し始めるが、話せば話すほど息が苦しくなってくる。
…といったところで目が覚めた。母への失望が一番印象に残っていたが、そんなことは起こったことがない。どんな考えがこんな夢を見せたのか、逆に自分を責めるような嫌な気分になった。