tortillaの日記

文章を書くのは日々のできごとの整理。

妊娠発覚~流産②

tortilla.hatenablog.com

①の続き。

2回目の診察のときには胎嚢も確認でき、正常な位置で妊娠が続いていることがわかった。もらったエコーの写真を見ても、よくわからなかったけれど、自分のお腹の中に赤ちゃんがいることが嬉しかった。次の診察で心拍が確認できるだろうとのことだった。その日はちょうど夫の誕生日で、実家の母や妹も「最高の誕生日プレゼントになるね」と言ってくれたし、夫もさらに嬉しそうな顔をしてくれた。

疲れと眠気は相変わらず続いていて、「仕事中も疲れるなぁ」と思いながらも、さすがに心拍が確認できるまでは職場に報告しなくてもいいだろうと思っていた。そんなところ、ある日、トイレで遭遇した台湾人の同僚が、「先生、最近お疲れですね、もしかして、妊娠ですか?」と聞いてきた。否定する必要もないことなので、「はい、実は…でもまだ超初期で心拍も確認できていないんです。」と伝えた。彼女は「台湾では3か月まで他の人に妊娠を報告してはいけない、報告すると流産するという言い伝えがありますが、私は体もきついでしょうから、マネージャーには報告したほうがいいと思います」と言ってくれた。それでも、私は何とかなるだろう、と思い、報告もせずにいた。

食卓での苦痛も相変わらず我慢していたが、徐々に限界が近づき、夫や母に愚痴るようになった。二人には「『いらない。』とはっきり言えばいいじゃないか」と言われたが、その一言を言う勇気はついに出なかった。おじいさんは私に鶏精(鶏のエキスで滋養強壮にいいと言われる)をくれて、嫌々飲んだ。においが受け入れ難く、鼻をつまんで飲んだ。唯一、辛いものが食べたくなったけれど、刺激物はよくないからと、我慢していた。
とうとう耐え切れなくなり、ある夜、夫の前で、鶏精もしらすも赤い野菜ももう何も食べたくない!食事が辛い!日本に帰りたい!と泣きわめいた。今思えば、ただ、誰かに共感してもらいたかったんだろう。それとは裏腹に夫は解決策を示した。義母は別に私に無理矢理食べさせているわけではない。自分で食べるものを取捨選択すればいいじゃないか。1から10まで義母のいうことを聞く必要はない。食べるのは自分の意思だ。前妻の話を聞きたくないのなら、そのことを義母に言えばいい。どれもみごとな正論だが、当時の私にはできることじゃなかったし、欲していた言葉でもなかった。なんとなく夫に見放された気持ちになった。

続く。

妊娠発覚~流産①

ようやく整理がついて来たところなので、書き留めておく。こうして整理しておかないとずっともやもやが残って、自分にとってもよくないと思うので、書くことにした。

昨年の11月に結婚披露宴をしてから、ほぼ避妊せずにいた。そして、今年の3月末に妊娠したことがわかった。台湾では検査薬を買うのと病院へかかるのがほぼ同じ値段(保険がきくので安い!)なのと、婦人科の病院に行くことにほぼ抵抗がないこととで、病院で検査をしてもらった。その時は尿検査で陽性と出ただけでエコーでは何も見えなかった。夫はとても喜んでくれたし、私も嬉しかった。過去の中絶のことも思い出し、今度授かった命は大切にしようと思った。と同時にその選択をした過去の自分は常軌を逸していた、と改めて感じ、そこから回復できたことの嬉しさとそれを支えてくれた家族に感謝の気持ちが湧いた。

時が経つにつれ、日中の眠気が強くなり、疲れやすくなった。疲れやすいのは今までもあったことだし、ちょっと我慢すれば慣れるだろうと思っていた。加えて、食欲もなくなってきた。食べ物を見ても、全く食べたくならない(特に吐きたくもならなかった)。特に油を使った料理と肉を使った料理が食べられなってきた。
義母も私が妊娠したことを喜んでくれて、妊婦にいいと台湾で言われている、シラス、鶏のスープ、赤い葉の野菜(日本語での名前がわからない)など私に合わせて色々な食材を料理してくれた。初めの1週間くらいは喜んで食べたけれど、それがずっと続いたのと食欲がなくなってきたのとで食べるのが辛くなってきた。毎食、「これは妊婦にいいからたくさん食べなさい」とか「子どもたちの母親(夫の前妻)は○○を食べて、元気で肌のきれいな子どもを産んだんだから、あなたもたくさん食べなさい」とか言われたが、食欲がないので義母の善意が嬉しく受け取れないこと、毎日のように前妻のことを聞かされるのも辛かった。自分自身初めてのことで、何が何だかわからず、どこまで手を抜いてもいいのかもわからないので、全くおいしいと感じなくても、においが辛く感じられても、義母に言われるがまま、必死に口の中に入れて、食べた。それをしなかったことで、お腹の子に何かトラブルが起きるのが怖かった。

続く。

特別お題 私のふるさと

私のふるさとはどこだろう?というテーマは小さいころからよく考えていたような気がする。友だちには田舎があって、そこにはおじいちゃんおばあちゃんが住んでいるらしいけど、私には田舎がなくて、おじいちゃんが眠っているお墓と親戚たちが長野の山にいる。そこが私のふるさとか、といえばそうじゃないと思う。そこはおじいちゃんおばあちゃんのふるさとだ。

もう少し大きくなって、自分のふるさとは生まれたところかな、と思うようになった。だいぶ前にも書いたけれど、小学生のときに祖母が住んでいた埼玉に引っ越してきた。なんとなく馴染めなくて、それまで住んでいた神奈川の海辺に帰りたいとずっと思っていた。そこがふるさとか?と考えると、そこも違うような気がした。また海辺に戻っても、住んでいたアパートは小綺麗なマンションに変わっていたし、親戚もいない。ただ、そこに住んでいたという事実と思い出があるだけだ。ふるさとじゃない。

前に住んでいたところは美しい - tortillaの日記

そんな思いは埼玉に住んでいる時間が経つにつれ、高校に入り、環境が気に入った頃には薄らいできて、やがて埼玉が私のふるさとだ、と思うようになった。今では、出身はどこかと聞かれれば、「埼玉です(生まれたのは神奈川の海辺だけどね、と思いながら)」と答えている。

生まれてから10年弱を神奈川の海辺で過ごし、その後15年ちょい埼玉で過ごし、20代半ばで台湾の台中にやってきた。江ノ島のあたりに戻りたいという夢もあるけれど、台中で過ごす時間がさらに長くなるのは間違いないだろう。

夫の先祖は何代も前から台中に住んでいるそうなので、彼に聞けば「自分は生粋の台中人だ」と答える。それと比べると、「はて、私は?」振り出しに戻ってしまう。「父方の祖父母は長野の山の出身だから、ルーツは長野?(何代前から長野にいたのか定かでもない)でも生まれたのは神奈川?あれ?でも埼玉は?」

ふるさとは 遠きにありて 思ふもの
そして悲しく うたふもの
よしやうらぶれて 異土の乞食と なるとても
帰るところに あるまじや
ひとり都の ゆふぐれに ふるさとおもひ 涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこに かへらばや
遠きみやこに かへらばや

室生犀星 小景異情

うーん…私のふるさとはやっぱり、埼玉だ。

https://www.satofull.jp