tortillaの日記

文章を書くのは日々のできごとの整理。

妊娠発覚~流産③


tortilla.hatenablog.com

②の続き。

ある日、夫が花束を買ってきてくれた。どうしてか聞くと、「今まで花をプレゼントしたことないし、子どももできたし、プレゼントしたくなった」と言ってくれた。急いで花瓶を買いに行き、水切りをしたり、何とか長持ちさせようと手入れに励んだ。紫を基調とした花束で落ち着いた上品な美しさがあって、下の子も気に入っていた。枯れてしまう前に押し花を作ったり、楽しませてもらった。

そんな日々を過ごしているうちに、3回目の診察の日が来た。今日心拍が確認できれば、母子手帳をもらいに行けるかなーと仕事の間も楽しみにしていた。いつもの通りエコーをしながら、医者は「あまり大きくなっていませんね。心拍も確認できませんから、流産かもしれません。もう1週間様子を見ましょう。出血があった場合はすぐ来てください。」と言った。その医者はもともと感情を表に出さない淡々とした話し方をする女性で、何もかもがいつも通りだった。私もその時は「そうか、流産か」と思ったくらいで、その他のことは何も頭に浮かばなかった。夫にはその日診察に行くことを伝えてあり、いつも診察後簡単にLineをしていたので、いつもと同様、「流産かも、だって」とLineして、帰路に就いた。

家に着いて、携帯を見ると、夫からいくつかのLineメッセージと何件かの着信があった。返事のLineをすると、すぐ電話がかかってきた。診察結果を説明すると、夫は「流産を防ぐ注射があるから、夜一緒に病院へ行って打ってもらおう」と言ってくれた。どんなものだろうと思って、ネットで調べてみると、妊娠を継続させるためのホルモン剤のようだった。

義母も子どもを連れて帰ってくると、すぐ私の部屋に来て、「どういうこと!?」と私に聞いてきた。夫から話がいったのだろう、義母にも診察結果を説明した。「どうしてこんなことになっちゃったのかしら。とりあえず、夜2人で病院へ行ってきなさい。夕食まで休んでいなさい」と言われた。一人静かに部屋の中で座っていると、だんだん現実がわかってくる。前妻がそこで出産したからと避けていた病院へ行くことになってしまった。初期流産はよくあることだと聞いていたが、まさかこんな身近だとは思わなかった。これからどうなるんだろう。頭の中でぐるぐる回る不安感と強い疲労感。知らない間に寝てしまったようで、ドアの開く音で目が覚めた。夫が帰ってきた。「夕飯を食べて、病院へ行こう」と言われ、準備をした。病院について受付に確認すると、夫が知っているという医者が診察しているということだったので、その先生にかかることにした。

エコーをしてもらうと7週目の大きさ(実際は8週目)だけど、心拍はない。でも異常も見当たらないので、排卵が遅れていたのかもしれないし、注射を打って一週間安静にして様子を見よう、ということになった。少しほっとした。
1週間絶対安静できるよう、職場のマネージャーに経緯を説明して、休みをもらうことにした。心拍が確認できるまで報告しない、ということに何も意味がないことがわかった。

 続く

tortilla.hatenablog.com

tortilla.hatenablog.com

 

私の好きな街 台中

今週のお題を見るたびに頭の中ではあれこれ考えるのだけれど、なかなか文章にならなくて…。

今住んでいる台中もけっこう好きな街だ。台中に来てからもうすぐ6年になるが、街の様子もだいぶ変わった。庶民的な部分を残しつつも、日々大都会へと進化を遂げている。

家の近くの広大な空き地だったところは再開発が進み、今では新しい道路が完成し、つい最近は大型のスポーツ量販店がオープンした。これからも大型のスーパーやデパート系のショッピング施設がオープンする予定らしい。そんな大きな変化を遂げているところからちょっと路地に入れば、今朝もおばちゃんおじちゃんが、道端で野菜や肉、魚を青いトラックに載せて売っている。顔なじみのおばちゃんとあーでもない、こーでもないと言いながら、商売をしている。

台湾の観光といえば、台北、高雄、ちょっと足を伸ばして台南、さらにディープなところへ行くなら、美しい海や山、原住民族の特色を色濃く残している花蓮や台東と言った東部を思い浮かべることが多いと思う。台中は今でこそ色々観光の特色を色々宣伝しているが、外から来た人にとっては「台北や高雄とそう変わらない」という感想が出てくる気がする。それでも、伝統的な市場でB級グルメ、ちょっとおしゃれなカフェで一休み、夜は伝統的な料理が集まる夜市や若者の集まる創作料理いっぱいの夜市など好みに合った夜市へGo!とグルメな旅が楽しめそうだ。

ここ数年、空気が悪く、市を挙げて公共交通機関の充実に取り組んでいるようで、悠遊卡や一卡通というSuicaICOCAのようなカードを使えば、10キロまでバスは無料だし、公共自転車もいたるところに設置されていて、30分までなら無料だ。MRTも建設中だが、まだ完成していないので未知数だ。

思いついたことそのまま書いてみたけれど、台中ってけっこういい街!

今週のお題「好きな街」

妊娠発覚~流産②

tortilla.hatenablog.com

①の続き。

2回目の診察のときには胎嚢も確認でき、正常な位置で妊娠が続いていることがわかった。もらったエコーの写真を見ても、よくわからなかったけれど、自分のお腹の中に赤ちゃんがいることが嬉しかった。次の診察で心拍が確認できるだろうとのことだった。その日はちょうど夫の誕生日で、実家の母や妹も「最高の誕生日プレゼントになるね」と言ってくれたし、夫もさらに嬉しそうな顔をしてくれた。

疲れと眠気は相変わらず続いていて、「仕事中も疲れるなぁ」と思いながらも、さすがに心拍が確認できるまでは職場に報告しなくてもいいだろうと思っていた。そんなところ、ある日、トイレで遭遇した台湾人の同僚が、「先生、最近お疲れですね、もしかして、妊娠ですか?」と聞いてきた。否定する必要もないことなので、「はい、実は…でもまだ超初期で心拍も確認できていないんです。」と伝えた。彼女は「台湾では3か月まで他の人に妊娠を報告してはいけない、報告すると流産するという言い伝えがありますが、私は体もきついでしょうから、マネージャーには報告したほうがいいと思います」と言ってくれた。それでも、私は何とかなるだろう、と思い、報告もせずにいた。

食卓での苦痛も相変わらず我慢していたが、徐々に限界が近づき、夫や母に愚痴るようになった。二人には「『いらない。』とはっきり言えばいいじゃないか」と言われたが、その一言を言う勇気はついに出なかった。おじいさんは私に鶏精(鶏のエキスで滋養強壮にいいと言われる)をくれて、嫌々飲んだ。においが受け入れ難く、鼻をつまんで飲んだ。唯一、辛いものが食べたくなったけれど、刺激物はよくないからと、我慢していた。
とうとう耐え切れなくなり、ある夜、夫の前で、鶏精もしらすも赤い野菜ももう何も食べたくない!食事が辛い!日本に帰りたい!と泣きわめいた。今思えば、ただ、誰かに共感してもらいたかったんだろう。それとは裏腹に夫は解決策を示した。義母は別に私に無理矢理食べさせているわけではない。自分で食べるものを取捨選択すればいいじゃないか。1から10まで義母のいうことを聞く必要はない。食べるのは自分の意思だ。前妻の話を聞きたくないのなら、そのことを義母に言えばいい。どれもみごとな正論だが、当時の私にはできることじゃなかったし、欲していた言葉でもなかった。なんとなく夫に見放された気持ちになった。

続く。