tortillaの日記

文章を書くのは日々のできごとの整理。

年齢と期限と選択と

運命を変える力は、あなた自身の中にある。誰かに決められた期限なんてない。」「運命を変える力は、あなた自身の中にある。」これには共感できるが、「誰かに決めれらた期限なんてない。」これには全く共感が持てなかった。
時間の流れは誰にでも平等で、早く大人になりたくても、大人になりたくなくても、20歳になれば大人だ。法律という縛りだけじゃなく、人々は20歳前後、あるいはその人が学生でなくなった時点で大人として扱うようになるだろう。大人になりたくなくても、子どもでいられる期限は必ずある。
出産にも決まった期限がある。これは誰もが直面する期限で、なかなか思うように扱うことが難しいものではないだろうか。
その他にも宿題の期限、プレゼント応募
の期限、旅行申し込みの期限などなど社会生活には無数の期限が存在する。その期限とうまく付き合いながら、自分の人生をコントロールしていく、これが人間の生き方なんじゃないか。とつらつら書きながら、考えている。

選択について言えば、選択と年齢を直接関連づけて考えたのは、「出産」くらいだ。進学、就職、結婚とそれなりに大きい選択を経験してきたが、その選択をする上で年齢はほぼ考慮に入れていなかった。

私が以前、それらを選択をしたのは選択によって得られる目の前のものが欲しかっただけだ。それらが将来に及ぼす影響についてはほぼ考えていなかった。選択したことによって将来何か問題が起こったとしても、その時にまた考えればいい、くらいしか考えていなかった。

高校選択は中学の同級生がいない世界に行きたかったから、大学選択は勉強したい分野があったから、留学を決めたのはその時、中国に住んでみたかったから、台湾で就職したのは日本語教師をやってみたかったのと台湾に住みたかったから、結婚したのはビザが欲しかったから…。

と、書いていると元も子もないような、選択の仕方だ。

その選択の結果、大学では1学年学部全体で1000人のところ、同期7人という超少数コ―スに入ったし、4年の後期から休学して1年留学という一般的な就活コースからは完全に外れ、とにかく台湾に行きたくて、新卒カードも捨てて海外に出てしまい、結婚して台湾定住ほぼ決定…。

私の今までの人生における選択の意義は「目の前の欲しいものを手に入れる」ただそれだけの事だった。

自分の子どもやほかの人には薦められないが、自分が通ってきた道は後悔していないし、選択の場に戻れるとしても、同じように選択するだろう。選択はさほど重要ではなく、その選んだ道でどう生きるか、それが重要なんだと思う…。

次の大きな選択は「出産」だろう。これに関しては将来のことを重視して考えている。私はとても子どもが欲しいわけでも、全然子どもが欲しくないわけでもない。しかも、義理の両親と夫はすでに孫、子どもがいるので、もし私が子どもを産まない選択をしてもさほど影響はないだろうし、義母はもう一人子どもがいれば賑やかになっていいね、と言ってくれているので、その方面からのプレッシャーは全くない。子どもを産んだ場合、産まなかった場合、いつ産むのか、できなかった場合、いつあきらめるのか、今いる子どもとの関係性、日本との関係性、様々なことを考えている。今のところ、どう転んだとしても自分の人生を楽しめそうだなという中間的な結論が出てはいるのだが...。とりあえず、この選択に関しては非常に慎重になっている。慎重になりすぎて年齢という期限のせいで選択ができなくなった…なんてことは避けたい。

夏が来た 渡辺美里

夏の歌というと何曲か思い浮かぶ。
高校の部活の思い出と一緒に思い出すゆずの「夏色」、大学受験の思い出と一緒に思い出すポルノグラフィティの「ハネウマライダー」、中学生の頃の夏休みの思い出と一緒に思い出すZONEの「secret base~君がくれたもの」とWhiteberryの「夏祭り」、ざっと挙げるとこんなものだろう。

secret base - tortillaの日記

あとひとつ、忘れてはいけない夏うたは渡辺美里の「夏が来た!」だ。
もともとは親が渡辺美里のアルバムをカセットにダビングして車の中で聞いていたのだが、私も車に乗るとそのカセットを聞くことになるので、聞いているうちにその中のひとつ、「夏が来た!」がとても気に入った。

「夏祭りには帰ってこいよ」
暑中見舞いの絵はがきには
たった二行のきみの言葉
私の心を決めさせた

とか

本当の夏が来た 生きているまぶしさ
本当の夏が来た もう友達じゃないきみがいる

とか、夏のさわやかなまぶしさを感じる。もちろんいつもの妄想癖で、そんな「絵はがき」来ないかなとか、「きみ」みたいな人が現れないかなとか、も考えていたけれど。

お盆休みには毎年長野へ家族旅行をしていて、その旅行中、山道で窓を全開にして、妹とよく大声でこの曲を歌っていた。涼しい風に吹かれながら、気を許せる仲間と歌うのは本当に気持ちがいい。

久々に「夏が来た!」を聞いて、またこんな夏休みを過ごしたいな…と思ったけれど、アラサーが親の運転で旅行してその後ろで大合唱…なんて図を思い浮かべると、思い出としてそっとしまっておこうという気になる。

渡辺美里 「夏が来た!」(Live in Seibu '91 + MV) - YouTube

secret base

今職場でZONE の「secret base ~君がくれたもの~」がよく流れている。ボーカルの声が違うので、誰かのカバーだろう。メロディーを聴くと、ふと、流行った頃のことを思い出す。

secret base 〜君がくれたもの〜 / ZONE ~ Full PV - YouTube

ちょうど中学生で、恋人とか彼氏とかいう響きに憧れを持っていた頃だ。あの頃は部活か勉強かしかしていなかったので、友だちも数えるほどしかいなかったし、おしゃれに精を出していたわけでもない。恋人とという存在がいれば、いろいろなことを話したり、一緒に花火を見に行けたり、1日が明るく楽しいものになるんだろうな、と漠然と考えていた。そういう状態を恋に恋しているというのだろう。

そんな子どももいつしか大人になって、何人かの人と付き合った。結局、子どもの頃、憧れていた恋人とはだいぶかけ離れたもので、明るく楽しいばかりではなかった。わがままな自分、うまく自分の考えを表現できない自分、今まで見たことのない自分に出会うことも多く、恋人がいないほうがよっぽどいいと思うことも多かった。正直、もう懲り懲りだ。

それでも、secret base を聞くと思い出す。あの頃を、何知らずに、ただ、恋人の存在に憧れていた頃を。